今井さん 自衛官から役者諦めきれず転身 張りのある声、こわもてで存在感

[ 2015年5月29日 07:50 ]

2013年9月、舞台「THE WINDS OF GOD」製作発表に出席した今井雅之さんと井戸田潤

今井雅之さん死去

 俳優に憧れて育った今井さんは、自衛官だった父親を説得できず、高校卒業後の80年、陸上自衛隊に入隊。滋賀県今津町の第3師団第3戦車大隊(今津駐屯地)に配属された。しかし陸士長だった81年9月、夢を諦めきれずに退官して上京。86年3月に法政大学文学部英文学科卒業後、奈良橋陽子さん演出の舞台「MONKEY」でデビューした。

 96年には映画「静かな生活」のストーカー役で日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。バラエティー番組でも活躍し、政治などに対する講演活動も行った。

 「自衛官時代の癖」という張りのある声とこわもてで存在感を示した。特に、特攻隊員が主人公で「生きる」をテーマに原作、脚本まで手掛けた舞台「WINDS…」はブレーク前の88年から続けてきたライフワーク。米ニューヨークの国連本部でも上演され、ブロードウェー公演も実現。映画化もされた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年5月29日のニュース