今井さん こだわっていた沖縄千秋楽…「成功が何よりの供養に」

[ 2015年5月29日 07:25 ]

5日、舞台「THE WINDS OF GOD」東京千秋楽のあいさつ冒頭でステージに上った今井雅之さん。復帰の願いはかなわなかった

 4月に末期がんを公表し、闘病していた俳優の今井雅之さんが28日午前3時5分、大腸がんのため54歳の若さで死去した。今井さんの闘病のため一部公演が中止になった「THE WINDS OF GOD」の全国ツアーは、31日に沖縄市民会館で千秋楽を迎える。

 舞台関係者によると今井さんは、今年が戦後70年で、作品が特攻隊の物語であることから、沖縄での千秋楽公演に特にこだわっていたという。舞台スタッフは「沖縄公演を成功させることが、何よりの供養になる」としている。関係者によると、スタッフらは29日に現地入りするスケジュール。今井さんが28日に旅立ったことから、「きっと一人で沖縄に先乗りしているはず、とみんなで話している」という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年5月29日のニュース