「横浜銀蝿」翔、薬に溺れた過去語る「どれだけ情けないことなのか」

[ 2015年5月29日 20:00 ]

80年代に一世を風靡した横浜銀蝿。翔は左から3人目

 ロックバンド「横浜銀蝿」の翔(56)が29日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」に出演。薬に溺れた過去を語り、03年に逮捕されて以来初めて横浜銀蝿としてパフォーマンスを披露した。

 翔は覚せい剤取締法で97年、98年、03年と3度逮捕。03年に3度目の逮捕をされてから、その転落人生をテレビで初告白。「大したことないんじゃない?という気持ち」「自分の体のことだからとやかく言われることねえじゃん」と軽い考えで覚せい剤に手を出したという。

 「治す方法はないと思う」と自身の経験を元に語ったが、2度目の服役中だった04年、兄の嵐(60)が小脳梗塞で倒れた新聞記事を読み深く反省。「家族に何かあった時に駆けつけてあげられないところにいるというのはどれだけ情けないことなのか…本当に心から思った」としみじみ語った。

 横浜銀蝿のメンバー4人そろい、スタジオで「ツッパリ High School Rock’n Roll(登校編)」を披露。03年の逮捕以来初のパフォーマンスとなったが、テリー伊藤(65)は「翔の声が出ている。これは(薬物を)やってないな」と復活に太鼓判を押した。

 翔は「このメンバーがいなかったら立ち直れなかった。本当に感謝している。これから頑張ってやり続けたい」と何度裏切っても見捨てないでくれた仲間に感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年5月29日のニュース