黒木奈々 週1で復帰 胃がん治療中 著書で自問「もう一度、恋ができるのか」

[ 2015年3月30日 19:01 ]

週1回のレギュラーとして復帰する黒木奈々

 胃がんの治療を受けているフリーアナウンサー、黒木奈々(32)が30日のNHKBS1「国際報道2015」(月~金曜後10・00)に生出演し、週1回のレギュラーとして復帰する。

 昨年4月にスタートした同局「国際報道2014」でメーンキャスターを務めていたが、同年8月27日の出演を最後に胃がんの治療のため、休養していた。今年1月4日にNHK総合で放送された「国際報道2015」で、1日限りの生出演をしていた。

 現在、自宅から通院で治療を受け、順調に回復。毎週月曜日のレギュラーとして、今後、お茶の間にニュースを届けることになる。

 26日には、闘病で揺れる気持ちをつづった手記をもとにした著書「未来のことは未来の私にまかせよう」(文芸春秋)が発売された。

 あくまで明るく病と闘いつつも、「容姿が取りざたされる職業で、果たして自分は仕事に戻れるのか」「これまでキャリアを優先してきたけれど、もう一度、誰かと恋ができるのだろうか」「結婚は?子供を持つことは?」など、31歳の女性の等身大の悩みを素直に吐露。幅広い世代の心に響く1冊として注目されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月30日のニュース