渡部篤郎 “嫌いな俳優”を告白「H・Tさんは変わってしまった」

[ 2015年3月30日 16:34 ]

「俳優H・Tが嫌い」と告白した渡部篤郎

 女優の剛力彩芽(22)と俳優の渡部篤郎(46)がテレビ朝日系新ナイトドラマ「天使と悪魔未解決事件匿名交渉課」(4月10日スタート、毎週金曜後11・15~)の製作発表に出席した。

 剛力が演じるのは人を疑うことをしない警察官。それにちなみ、共演者の嘘を見破る「嘘発見クイーンへの道」というゲームに挑戦した。一緒に登壇した渡部、長谷川朝晴(43)、内藤理沙(26)、中村静香(26)、荒川良々(41)、宇崎竜童(69)が各々、「嫌いなもの」をフリップに書き、1人だけ嘘をついているのを見破る。

 長谷川は嫌いなものを「あいそ笑い」と回答。「あいそ笑い大嫌いです。ちゃんと自分の本心でいなきゃいけない」と語った。続いて渡部は「俳優H・T」が嫌いと衝撃の告白。「20年近く仲良くさせてもらってるんですが、最近忙しいのか電話に出ない。私はゴハンにも連れて行くんですが、H・Tさんは変わってしまった…」と渋い表情で話した。

 誰なんですかね?と司会者が困惑すると、「年下。43歳」とヒント。たまらず、長谷川が「僕ですよね?」と詰め寄ると、渡部は涼しい表情で「違います」とアッサリ。「錦糸町あたりに住んでて、子供が3人いる」とまたヒント。「住んでる所を言わないで」と長谷川を困らせていた。

 このやりとりを見て剛力は嘘をついてるのは「渡部」だと回答。「渡部さん絶対H・Tさんのこと好き」と理由を話すも、実際に嘘をついてたのは長谷川。「すいません。僕、あいそ笑い得意なんです」と話した。ハズレた剛力は「絶対嫌いじゃないと思う」と反論したが、渡部は「苦手。いや、ハセが俺のこと苦手なんだよね」と話し、会場の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年3月30日のニュース