シーナさん訃報に追悼の声続々 ハマ・オカモト「本当に悲しい」

[ 2015年2月14日 20:57 ]

08年8月、ライブ出演したシーナ&ロケッツのシーナさん
Photo By スポニチ

 ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカル、シーナさん(享年61)の訃報を受け、ロックバンド「サンボマスター」のボーカル・山口隆(39)やロックバンド「OKAMOTO’S」のベーシスト、ハマ・オカモト(23)が14日、ツイッターを更新。追悼の声が相次いだ。

 山口は「シーナさんの歌声もステージパフォーマンスも本当に魅力的でした。ロックンロールをヒップにキメるってああいうことだなぁって思わせてくださる方でした。素晴らしい音楽と夢を見せてくださいました」と感謝。「シーナさんは今までも、これからも偉大なロックンローラーだと思います。ご冥福をお祈りいたします」としのんだ。

 ハマ・オカモトは「シーナさん。最後にお会いしたのは、ライブ中でした。気がついたら、ステージの上にあなたがいました。たまたま昨日、その日の映像を見返してたんです。一緒に演奏することができて、本当に誇らしい気持ちでいっぱいです。本当に悲しい。安らかに」と悲嘆に暮れた。

 シーナさんは若いミュージシャンからも慕われていた。

 ロック歌手のダイアモンド☆ユカイ(52)はブログで「今でも信じられない。いくつになっても変わらないセクシーさ。ミニスカートをなびかせ、ティナターナーのように軽やかなダンスで、何よりもロックへの愛情たっぷりなあの歌声がもう聞けないなんて。言葉が出ないよ。シーナさん、ご冥福をお祈りします」と悔やんだ。

 ミュージシャンの高野寛(50)はツイッターで「シーナさんはレモンティーをロックでセクシーな飲み物に変えてしまう、唯一無二の素敵でスリリングなロックンローラーでした。『細野晴臣イエローマジックショウ』で『You may dream』を一緒に演奏できて、うれしかったです」と思い出をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月14日のニュース