ゆきりん 9年目初センター「ドッキリ?」こじはるとW大役

[ 2015年1月26日 05:30 ]

迫力のステージを披露する(前列左から)島崎遥香、柏木由紀、小嶋陽菜、高橋みなみ、渡辺麻友ら

AKB48「リクエストアワー」最終日

(1月25日)
 ステージ上の大型ビジョンに、新曲のセンターとして柏木の名前が映し出されると、2000人の観客からどよめきとともに「ゆきりん!」の大歓声が上がった。

 「Green Flash」はラップを織り交ぜたミディアムテンポの楽曲。選抜メンバーは計16人で、ラップの部分は高橋みなみやNMB48・山本彩(21)らが担当する。

 初披露を終えた柏木は「センターは9年目で初めてなんです」と満面の笑み。総合プロデューサーの秋元康氏(56)から最初に話を聞いた時は「ドッキリ?」と思ったそうで「小嶋さんを頼りにしています」と語った。

 柏木は06年にAKBのオーディションに合格。「握手会の女王」と呼ばれ、最近3年の選抜総選挙で3位、4位、3位の人気者。13年2月発売の「ショートケーキ」でソロデビューを果たし、同年11月には1人で横浜アリーナを約1万人の観客で埋めた。しかし、これまでAKBのセンター経験がなく、ファンの間では「ゆきりんがセンターにならないのはなぜ?」との声も上がっていた。

 一方、小嶋は13年10月発売の「ハート・エレキ」以来2度目のセンター。「センターをやるのはハート・エレキで最後だと思っていた。ゆきりんの歌声が好きなので、一緒にセンターができてうれしい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月26日のニュース