高田純次 椎間板ヘルニアの手術無事成功 しびれに悩まされていた

[ 2015年1月26日 16:28 ]

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術を受け、成功した高田純次

 タレントの高田純次(68)が26日、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄(きょうさく)症の手術を受け、無事、成功した。所属事務所によると、体調をみながら仕事復帰の時期を決める。

 神経が圧迫される病気。ここ1~2カ月、左足のしびれがひどくなり、レギュラーの仕事は休みをもらって手術に踏み切った。

 上沼恵美子(59)と司会を務める大阪・読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)の25日放送分を欠席。収録は24日に行われ、落語家の月亭方正(46)が代役を務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月26日のニュース