高橋ジョージ「夫婦げんかの延長と思っている」妻・三船美佳に未練

[ 2015年1月17日 10:51 ]

都内で会見し、離婚について語る高橋ジョージ

 妻で女優の三船美佳(32)と離婚が伝えられているロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)が17日、都内の所属事務所で会見を開き、「自分は夫婦げんかの延長と思っている」と胸の内を語った。

 三船が前日16日に発表したコメントによると、2013年12月末から別居し、三船は10歳の一人娘と母親で女優の喜多川美佳(66)とともに大阪のウイークリーマンションで生活。別居後に離婚調停が行われたが不成立となり、美佳が離婚と親権を求めて提訴した。

 しかし両者の発言は食い違っており、高橋は離婚について一度も三船と話し合っていないという。別居についても「元々(三船の)体の調子がよくないということで、大阪でレギュラー3本持っているので、拠点をそっちに移す」という認識だったという。「マネージャーから仕事場で倒れたり、フラフラしたりすると聞いてたので、一人になりたいのかな」と感じた、と明かした。

 高橋は「夫婦としてやり直せたらいいと思っている」とあくまで離婚は避けたいという考えだとし、「でも空気を読んで。話し合えたらどうなるかわからないけど、まだ話し合うステージにも立ててないから」と話し合う機会が欲しいと訴えた。

 高橋と三船は、三船が16歳の誕生日を迎えた98年9月12日に結婚。その後長女をもうけ、バラエティー番組で仲むつまじい夫婦生活を語るなど“おしどり夫婦”として知られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月17日のニュース