三船美佳 離婚決意固く、ローン払っているのに自宅飛び出していた

[ 2015年1月17日 05:35 ]

離婚が避けられない状況になった三船美佳と高橋ジョージ

 ロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)と離婚することがスポニチ本紙報道で明らかになった、女優の三船美佳(32)が16日、「離婚を決意し、母と娘と3人で暮らしております」とファクスでコメントを発表した。離婚調停が不成立となり、離婚と親権を求めて提訴したことを明言。「子供の人生を第一に考えながら、仕事にまい進したい」と決意を見せた。

 美佳はファクスで「夫・高橋ジョージとの離婚を決意し、一昨年の12月末より別居し、現在母と娘(10歳)の3人で暮らしております」と現状を説明した。

 別居後に行われた離婚調停は、高橋が「もう一度やり直したい」という姿勢を崩さなかったため不成立。そのため、ファクスに美佳は「離婚と親権を求める裁判を提起しました」と離婚裁判に至ったことをつづった。関係修復は困難で、別離は避けられない状況となっている。

 美佳の離婚の決意は固い。知人によると、夫妻は2009年7月、都内の高級住宅街に鉄筋3階建ての一軒家を購入。一人娘、母親で女優の喜多川美佳(66)を含めた4人暮らしをしていた。敷地内で工事をした際には、美佳が「騒音でご迷惑をおかけします」とあいさつに回るなど、近所では、バラエティー番組で見せる通りのおしどり夫婦として知られていた。

 高橋には「ロード」という200万枚を超える大ヒット曲がある。夫妻としては「ナイス・カップル大賞」(07年)、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」(11年)に選ばれ、テレビ出演も多かった。2人は金銭的にも恵まれ、夫婦仲も良好な環境にあると思われていた。

 だが美佳は、自宅に高橋がいる時は仕事以外では出掛けてはいけない“外出禁止令”などに不信感を抱き始め、離婚を決意。13年末に、高橋1人を残し娘と母を連れて大阪のウイークリーマンションに移り住んだ。友人は「家のローンを支払っているのに、その家を飛び出すほど、美佳さんの離婚への思いが強いということだと思います」と話す。

 高橋にとっては大きなショックだった。直後の14年1月に出席したイベントで、報道陣に「正月に家族サービスはできた?」と聞かれると、「家族とは逆に家で1人でいたね。うるさいから俺が。俺を休ませると自分たち(家族)が休まる」と動揺を隠しきれないコメントに終始していた。

 別れたくない夫をよそに、美佳の気持ちは固まっている。発表したコメントでは「今後も、子供の人生を第一に考えながら、仕事にまい進していく所存です」と将来を見据えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年1月17日のニュース