岡村隆史 ADから転身のTBS笹川アナに「毒吐いてました」

[ 2015年1月17日 06:00 ]

TBSの新番組「時間がある人しか出れないTV」の取材に応じたTBSの笹川友里アナウンサー(左)と岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(44)がMCを務めるTBSの新バラエティー番組「時間がある人しか出れないTV」(深夜0・41、初回のみ深夜0・56)が19日にスタート。昨年、ADから女子アナへの華麗なる転身を遂げたことで注目を集めた笹川友里アナウンサー(24)がアシスタントを務める。

 2人の共演はこの番組が初めて。女子アナ転向半年の笹川アナは「当たり前ですけど、幼少の頃からテレビで見てきた方だったので」と岡村に恐縮しきり。「一人の人が一生懸命調べてきたデータをどういうふうに紐解いていくかも頑張りどころ。バラエティー(の要素)だけでなく、情報番組も報道の要素も盛り込んでいきたい」と意気込み。そんな笹川アナに、岡村も「進行とかは任せてますので、助かってます」と信頼を寄せた。

 これまで笹川アナとは面識がなかったという岡村。ADからの転身にも懐疑的で、「お会いするまでは『そんなことあるのか』『ADさんからアナウンサーになれんのかいな』と結構毒吐いてました」と過去の失言を告白。「でも、お会いしてみたら、感じのいい人で良かったです」とフォローを入れ、「これからは大丈夫?」の声にも「そうですね、はい」と笑顔で答えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月17日のニュース