岡村隆史 昨年金髪美女に失恋していた!?「うまくいかなかった」

[ 2015年1月17日 06:00 ]

TBSの新番組「時間がある人しか出れないTV」の取材に応じた岡村隆史

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(44)がMCを務めるTBSの新バラエティー番組「時間がある人しか出れないTV」(深夜0・41、初回のみ深夜0・56)が19日にスタートする。初回の収録を終え、岡村が報道陣の取材に応じ、昨年、20代後半の金髪美女にひそかに“失恋”していたことを明かした。

 番組の内容にかけて「時間があったらやりたいこと」を聞かれた岡村は「ほんまに普通のコトですけど、英語をマスターしたい」とあまりにも普通すぎる答えに報道陣から笑いがもれた。岡村によると、その思いは20代後半からあったというが、「2020年の東京五輪で海外の選手たちにバンバンインタビューをしたい」という野望へと発展。「何回チャレンジしても絶対モノにならなかった」という挫折の経験と昨年、米ニューヨークに武者修行に行った後輩芸人・渡辺直美(27)の影響もあり、「それやったら思い切って行きたい。3カ月、半年ぐらい語学留学したい。(20年までは)まだちょっとあるので、何とかチャレンジしてみたい」と思いをぶちまけた。

 語学を身に付けるにはその国の女性と付き合うのがいいとも言われる。記者から「国際結婚は?」との提案を受けると、「ボビー・オロゴンさんに(女性を)紹介してもらったんですけど、結局、(その女性には)日本人の彼氏がいてて。英語も教えてもらってたんですけど、うまくいかなかったですね」と密かに“失恋”していたことを告白した。

 お相手は20代後半の金髪のアメリカ人女性で、「関西弁でずっとしゃべってくれる人」だったという。連絡を取っていたLINEで彼女の日本人の彼氏の存在を知ってしまい、「あっ…てなって、それ以上は近づかれへんな」と悟ったという。「(英語のレッスンは)去年ぐらいまで。金髪の女性とオープンカフェでしゃべってるのを見られるのも恥ずかしくなって。ちょっと英会話をお休みしようと思うと、LINEでメッセージを送って、それからは会ってない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年1月17日のニュース