カナダの人々の心にも響いた…米倉斉加年さん名演に笑い

[ 2014年8月31日 05:30 ]

 吉永小百合(69)が企画・主演した映画「ふしぎな岬の物語」(監督成島出、10月11日公開)が29日夜(日本時間30日朝)、第38回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で上映。26日に腹部大動脈りゅう破裂のため80歳で急逝した米倉斉加年さんのひょうひょうとした演技が観客の心に響いた。

 遺作となった同作品で演じたのは、採血もままならない老医師。ユーモラスな芝居に笑いも起こった。現地入りしている製作の岡田裕介東映会長(65)は「残念。高倉健さん、吉永さんに続く3番手の憲兵曹長の役で“動乱”(80年)にも出ていただいた。素晴らしい俳優だった」としのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2014年8月31日のニュース