指原選挙陥落に続きじゃんけん予選落ち「最近負けっ放し」

[ 2014年8月9日 05:30 ]

植木南央(左)に敗れた指原莉乃は苦笑い

 AKB48グループ初の夏祭りが8日、千葉市の幕張メッセで行われた。盆踊りのやぐらや縁日の商品などが並び、渡辺麻友(20)、柏木由紀(23)らのソロライブや異色企画、握手会も行われた。9月17日の「じゃんけん大会」に向けた予備戦も実施され、本大会出場を目指したHKT48・指原莉乃(21)は惜しくも敗退、祭り気分に浸りきれなかった。

 2011年以来3年ぶりの本戦出場を目指した指原は、「最近、私は負けっぱなし。負け続きで悔しい」と嘆き節。6月の選抜総選挙で2連覇を果たせなかったことも踏まえて、自身のヘタレっぷりに、ただただ、苦笑いするしかなかった。

 初戦をパーで勝ち、得意げな表情を浮かべたものの、次に対戦した植木南央(16)にあっさりグーで敗戦。「優勝しなければブチ切れるからね!」と、HKT最年長らしくハッパを掛けた。指原に勝って勢いに乗り、本戦が行われる日本武道館行きの切符を手にした植木は「凄く達成感がある。武道館で優勝すれば、HKTではさっしーに続いて2人目のソロデビューになるので頑張りたい。本戦では秘策ありです!」と、ほくそ笑んだ。

 指原はソロステージを控えていたため、結果を最後まで見ずに退席。今年の選抜総選挙でHKTは13人が80位以内にランクインするなど勢いがあり、じゃんけん大会の本番でも「ぜひHKTのメンバーには私の分まで頑張ってほしい」とエール。その後、ソロライブではHKTの「メロンジュース」を一人で歌うなど3曲を披露。負けたうっ憤を熱唱で晴らすように客席へエネルギーをぶちまけた。

 本戦不出場だった過去2回はいずれも解説など盛り上げ役に徹しており、今回も同じような役目が回ってきそうだ。

 この日の予備戦は、AKBチーム8、AKB研究生、SKE、NMB、HKTがそれぞれ時間を分けて同じステージで実施。各都市の専用劇場で別々に開催されていたこれまでとは違い、一斉開催は初の試みとなった。

 NMBでは渡辺美優紀(20)が、兼任しているSKEのテレビ収録で別の場所にいたため電話参戦。電話越しで連勝を重ねて本戦に進出し「武道館も電話で参加したい」とちゃめっ気たっぷりに喜びの声。SKEは8人の本戦出場枠をチームK2が独占。6月の選抜総選挙5位の松井玲奈(23)、同12位の宮澤佐江(23)はいずれも予備戦で散った。じゃんけん大会初参加のチーム8からは香川県の行天優莉奈(15)、京都府の太田奈緒(19)、栃木県の本田仁美(12)が本戦に駒を進めた。

 ▼じゃんけん大会 シングルを歌うメンバーを公平に決めようと、10年9月21日に初開催。「総選挙」はメディアに露出が多いメンバーほど有利で不公平だなどの声があり実施。第1回は内田眞由美が優勝。以降は篠田麻里子、島崎遥香、松井珠理奈がトップに。昨年までは、AKBのシングル表題曲のセンターおよび選抜メンバーをじゃんけんで決めるイベントとして開催。今年から優勝者へのご褒美が代わり、センターではなくソロデビューが確約される。すでにソロデビューを果たしているメンバーが優勝した場合はソロコンサートが用意されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月9日のニュース