五大路子意欲ヒロイン18年一人芝居「横浜ローザ」

[ 2014年8月9日 05:30 ]

舞台「横浜ローザ」を演じる五大路子

 女優五大路子(61)の一人芝居「横浜ローザ~赤い靴の娼婦の伝説」が14日から18日まで、横浜市の「赤レンガ倉庫1号館」で上演される。白塗りの顔で横浜の街に立った実在の“ハマのメリーさん”をモデルにした悲しくも愛に満ちた物語。初演から18年、ヒロインを演じ続けており「彼女の生きざまは日本の戦後史の一面だと思う。戦争に翻ろうされながらも懸命に生き抜いた姿を見てもらいたい」と話している。来年春にはニューヨークでの公演も決定。「反戦と平和がテーマ。映像などを使って外国の人にも分かりやすく上演したい」と意欲を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月9日のニュース