オキテ破りの「歌へた女王決定戦」小嶋菜月が圧勝

[ 2014年8月9日 08:40 ]

AKB48グループ夏祭り

 アイドルグループとしてはオキテ破りとも言える「歌へた女王決定戦」が行われ、北原里英(23)、内山奈月(18)、小嶋菜月(19)の3人が参戦。歌へた「元祖」を自負する北原は「虫のバラード」を、内山は「ラブラドール・レトリバー」を披露。2人の歌声に小嶋は「そんなに歌がへたで今までよく生きて来ましたね」と感想を語った後、高橋みなみ総監督(23)の持ち歌「愛しさのアクセル」に挑んだ。小嶋の歌は最後まで音程が一つも合わない強烈さ。立会人を務めた内田眞由美(20)、片山陽加(24)は途中で耳をふさぎ、北原も「想像以上。世代交代かも」とため息をついた。勝敗は観客の拍手の大きさで決め、小嶋の圧勝だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月9日のニュース