八尾市出身の青木崇高 タイガース帽かぶって「るろ剣」あいさつ

[ 2014年8月9日 07:32 ]

大阪市内で舞台あいさつした(左から)青木崇高、佐藤健、大友啓史監督

 大阪府八尾市出身の俳優・青木崇高(34)が9日、大阪市内で映画「るろうに剣心 京都大火編」(監督大友啓史)の大ヒット舞台あいさつを行った。

 台風接近中にもかかわらず満員の観客に歓迎され、「地元なのでうれしい」と感激した。頭には主演・佐藤健(25)らのサインが入った阪神タイガースの帽子。佐藤に「毎日かぶってますよね」と言われると、「もちろん!劇中でもかぶってなかった?」と続け、「ないない」とMCにつっこまれた。退場時、阪神の帽子を客席に投げ入れ、近鉄バファローズの帽子をかぶり直すパフォーマンスで笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年8月9日のニュース