フジ初のパラレルドラマ制作「ロストデイズ」BS&CSと初の3波連動

[ 2013年12月25日 11:28 ]

フジテレビ「ロストデイズ」のパラレルドラマに出演する(左から)松尾諭、西田尚美、釈由美子

 瀬戸康史(25)が主演を務めるフジテレビの連続ドラマ「ロストデイズ」(来年1月11日スタート、土曜後11・10)に「パラレルドラマ」が登場する。同じ時代と舞台ながらパラレルワールドで繰り広げられるBSフジ「ロストデイズのひみつ」(同10日スタート、金曜後11・55)で、同局初の試み。さらにCS(フジテレビTWO)でもコンテンツ展開され、地上波・BS波・CS波と同局初の3波連動多角的企画になる。

 地上波の本編「ロストデイズ」は仲のいい大学生グループで企画した卒業旅行で訪れた冬山のコテージという限られた空間の中で、登場人物の恋愛感情のすれ違いやそれぞれの抱え得る秘密を描く恋愛サスペンスドラマ。出演者は瀬戸のほか、石橋杏奈(21)トリンドル玲奈(21)吉沢亮(19)小島藤子(20)三吉彩花(17)桐山漣(28)の7人のみ、全10話=10日間という異色作。

 BSの「ロストデイズのひみつ」は本編の前日にオンエアされる5分間のショートドラマ。本編と同じコテージが舞台だが、物語は並行して存在する別の時空「パラレルワールド」で展開。両方の世界は交わらないが、本編のキーワードやアイテムがさりげなく登場し、視聴者を引き付ける仕掛けも用意されている。

 「パラレルドラマ」には松尾諭(38)西田尚美(43)釈由美子(35)が出演。本編の登場人物と同じ役名の3人が、それぞれ秘密を抱えながらコテージに眠るという埋蔵金“ロストデイズ”を狙う。過去にドラマのスピンオフや続編は制作されたが「パラレルドラマ」は同局初。

 CSは「ロストデイズのキャストトーク」として、本編の出演者が語る撮影秘話、撮影の裏側をとらえたメーキング映像を放送。1月26日、2月16日、3月9日(日)の計3回、毎回15分を予定している。

 本編とパラレルドラマは放送後にフジテレビオンデマンドで配信。パラレルドラマはYouTubeでも配信予定。SNSでも3波連動企画の話題を積極的に拡散し、本編との相乗効果を狙う。

 同局編成部の高木明梨須氏は「本編とパラレルドラマはキャストは別ですが、舞台は一緒の不思議なドラマです。また、今回は“キャストによる撮影秘話”という視聴者のニーズに応える新たなコンテンツにも挑戦します。まだまだテレビメディアには可能性がある、そんな期待を持てる3波+ウェブ連動企画を『ロストデイズ』とともにお楽しみいただけるとうれしいです」とコメント。

 共同テレビの柳川由起子プロデューサーも「できそうに思えて、今まで実現しなかったあらゆるコンテンツの連動がたくさんの勇気を持って実現します。本編とパラレルドラマがどのようにリンクするのか?3人の出演者以外に本当に誰も出ないのか?いろいろな角度から『ロストデイズ』を楽しんでもらえるよう頑張ります。コンテンツの連動、ご期待ください」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月25日のニュース