高橋真梨子 紅組トリに!2回目の出場で異例抜てき

[ 2013年12月25日 06:24 ]

紅組のトリを務める高橋真梨子

 大みそかの「第64回NHK紅白歌合戦」(後7・15~11・45)の紅組のトリを、29年ぶりに出場する高橋真梨子(64)が務めることが24日、分かった。2回目の出場(ペドロ&カプリシャス時代を含めると3回目)でトリを務めるのは、極めて異例のことだ。

 歌うのは、代表曲の「for you…」(82年)。♪あなたが欲しい あなたが欲しい もっと奪って 心を――と歌い上げる大人の愛のバラード。関係者は「見ている者を引き込むように熱く歌う姿は、紅組を締めくくるにふさわしい」と抜てき理由を明かした。

 デビュー40周年の節目となった今年、高橋は精力的に活動した。6月、同局の音楽番組「SONGS」に出演。テレビでほとんど見られない高橋の歌唱は視聴者の心を捉え、大反響を得た。さらに、民放の音楽バラエティーで若者にもアピール。幅広い世代から支持されたことも、トリへの抜てき理由の一つだ。

 紅白をきっかけに同曲が注目を集める可能性も高い。近年では「また君に恋してる」(坂本冬美)、「千の風になって」(秋川雅史)、「トイレの神様」(植村花菜)が紅白後の年明けに大ヒット。どの曲もサビで熱く歌い上げるのが特徴で、高橋の曲もこれと同じ。関係者は「NHKは紅白発信のヒット曲を出したいので、高橋さんに期待している」と明かした。

 白組のトリは「SMAP」が有力。そして、紅でも白でもない“究極の大トリ”を務める、北島三郎のラスト唱へとつなぐ予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月25日のニュース