ベイビーレイズ あまちゃんが結んだ縁 三陸鉄道で熱唱

[ 2013年12月25日 00:59 ]

ベイビーレイズ

 第三セクター「三陸鉄道」(岩手県宮古市)が24日、クリスマスイベント「三鉄”じぇじぇじぇ”サンタカーニバル」が開催された。初お披露目の「キット、ずっと3号」が18時に小本駅を出発。停車する各駅でクリスマスプレゼントを配布するものだが、参加したタレントらが、ブログなどでその模様を報告している。

 女性アイドルグループ「ベイビーレイズ」は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌「暦の上ではディセンバー」を歌った縁で参加。新曲「恋はパニック」などを熱唱した。メンバーの林愛夏(18)はツイッターで「サンタカーニバルに来てくださった皆様、そして、スタッフの皆様にも大変優しくしていただいてうれしかったです」と感謝。「暦の上ではディセンバーを歌ったことで皆様にお会いできました。あまちゃん万歳」とつぶやいている。

 また、タレントの吉村民(34)は自身のブログに、久慈駅長らとの写真をアップ。「すっかり三陸鉄道ファンになりました!三陸鉄道、三陸鉄道沿線のみなさんに素敵な時間をいただきました」とつづり、感動ぶりを伝えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月25日のニュース