久米宏 いいとも!初出演 タモリ絶賛も「早く気づいていれば」

[ 2013年12月25日 12:54 ]

久米宏

 フリーアナウンサーの久米宏(69)が25日、フジテレビ系「笑っていいとも!」(月~金曜正午)のテレフォンショッキングのコーナーに初出演、司会のタモリ(68)と軽妙なトークを展開した。

 早稲田同窓の2人も会うのも34年ぶり。「よく生きてたなあ」と笑わせた久米は「きょうはタモリさんにお礼に来ました」と切り出した。1985年秋に久米がスタートしたテレビ朝日の「ニュースステーション」を、実は「10年位で辞めようと思っていた」と告白。しかし、1982年秋からタモリが始めたこの番組を「森田一義がやっている以上は辞められない」と踏ん張った。結局、久米は2004年3月に「こときれました」。

 そして、来年3月に終了するこの番組に「本当に辞めるんてすか?冗談では?」と詰め寄るも「僕が辞めてから10年やるとは思わなかった」と感心し「精神力、体力は凄いと思う」とタモリを称賛した。

 さらに「生放送は明朗、快活、元気で頭がフル回転でないと許してくれないと思っていた」という久米にタモリは「ナイ!ナイ!ナイ!酷い時は二日酔い」と笑わせた。即応して「早く気づいていればもっとやってました」と返す久米とタモリの絶妙なトークに会場は最後まで笑いに包まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年12月25日のニュース