さだまさし 原作映画「サクラサク」主題歌書き下ろし

[ 2013年12月6日 05:30 ]

映画「サクラサク」の主題歌を書き下ろす、さだまさし

 歌手さだまさし(61)が、原作を手掛けた映画「サクラサク」(監督田中光敏、来年4月5日公開)に主題歌「残春」を書き下ろした。

 著書の映画化は5作目となるが、主題歌の書き下ろしは初めて。父親の思い出をベースに書いており、特に思い入れが強く、歌唱依頼も快諾した。

 バラバラの家族が旅の中で再生していく姿を描くロードムービー。「“残”は自分の目標などへの残り時間や、命の残り時間。生きているうちは春という希望に満ちた季節のように生きていかないといけないという思いを込めました」と曲に込めた思いを説明。「後でじっくり、しみてくるような歌にしたかった」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2013年12月6日のニュース