瀬戸康史フジ初主演ドラマは出演者7人の異色恋愛サスペンス

[ 2013年12月6日 21:40 ]

フジテレビの連続ドラマ「ロストデイズ」に主演する瀬戸康史

 来年1月にスタートするフジテレビの連続ドラマ「ロストデイズ」(土曜後11・00)は「D―BOYS」の瀬戸康史(25)が主演。全10話=10日間の物語、出演者は7人のみという異色の恋愛サスペンスになる。

 同じテニスサークルに所属する仲良し大学生グループの卒業旅行で、殺人事件が発生。冬山のコテージという限られた空間を舞台に、それぞれの思惑が絡み合う予測不可能なストーリーが展開する。

 瀬戸は同局のドラマに初主演。「毎週土曜日は“ロストデイズ中毒”と言われるくらい視聴者の皆さんがハマる作品にしたいと思います」と気合十分。

 共演はヒロイン役の石橋杏奈(21)をはじめ、トリンドル玲奈(21)吉沢亮(19)小島藤子(19)三吉彩花(17)桐山漣(28)。

 共同テレビの柳川由起子プロデューサーは「出演者が7人しかいない。今までにない新しいタイプのドラマに挑戦します。本当に7人しか出ないのか。8人目は出てくるのか!?そこのところも楽しんで見ていただけるような、気になるドラマを作っていきます」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2013年12月6日のニュース