平尾昌晃氏 外国の曲も「自分の言葉で詞にしていた」

[ 2013年10月29日 06:00 ]

岩谷時子さんについて語る平尾昌晃氏

岩谷時子さん死去

 作曲家の平尾昌晃氏(75)は「言葉が出ない」と沈痛の面持ち。越路吹雪さんの「あの日限りの恋」「忘れたはずなのに」などでタッグを組み、岩谷さんから「あなたのファンなのよ」と声を掛けてもらったこともあった。

 「戦後、演歌や民謡が主流だった時代に、例えばイタリアの名曲をそのまま訳すのではなく自分の言葉で詞にしていた」と岩谷さんの功績を称えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月29日のニュース