ピーター感謝 岩谷さんは「天使のように優しい方」

[ 2013年10月29日 06:00 ]

岩谷時子さんとの思い出を振り返ったピーター

岩谷時子さん死去

 舞台「越路吹雪物語」(03年)に主演したピーター(61)はこの日、千葉県東金市の新千葉カントリー倶楽部で恒例の「平尾昌晃チャリティゴルフ」に参加。そのラウンド中に訃報を知った。

 憧れの越路さん役は、自身のシャンソン・リサイタルに何度も足を運んでくれた岩谷さんからのオファーだった。

 「大好きな越路さんを演じるのはおこがましいと思い、最初は断ろうとしたんです。その時に私のコンサートを見に来てくれて“他の人に(役を)取られたくないでしょ”と背中を押してくれたのが岩谷さんでした」

 舞台は08年までに5度再演。作り込んだ役柄について「気持ち悪いぐらい(越路さんに)似てるね」と言ってもらえたのが励みになった。最後に会った5年前の日生劇場公演でも楽屋で「お疲れさま」と声を掛けてくれたという。

 岩谷さんを演じた高畑淳子(59)とは4日前に名古屋で食事したばかり。「5年前に中日劇場で(舞台の)ファイナルがあったね」と昔話に花を咲かせた翌日に恩人は旅立った。訃報を受け、すぐ高畑へ電話すると「岩谷さんが呼んで2人が会わされたみたい、と驚いていました」。

 「天使のように優しい方。凜(りん)とした強い意志を持って作詞されて、素晴らしい作品を残された。大往生だったと思います。また(越路さんの愛称)コーちゃんと2人でゆっくりいられますね」。天寿を全うした岩谷さんを静かに追悼した。

 ▼高畑淳子(舞台「越路吹雪物語」で岩谷時子役)こんな大女に自分を演じられたらたまらないと思われたのか、「お茶をしましょう」と誘っていただき帝国ホテルで6時間半、お話をさせていただきました。一生の思い出となる宝のような時間でした。天国で越路吹雪さんとゆっくりなさってください。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月29日のニュース