乃木坂46が農相訪問 林野庁の木材利用ポイントこれからもPR

[ 2013年10月29日 20:50 ]

林農相(中央右)と沼田林野庁長官(同左)を表敬訪問した「乃木坂46」の(左から)桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、生駒里奈、深川麻衣、西野七瀬=29日午後、農水省

 林野庁が実施している木材利用ポイント制度のPR大使を7月から務めるアイドルグループ「乃木坂46」の6人が29日、農林水産省に林芳正農相を訪ねた。メンバーの生駒里奈がこれまでの活動を報告し「これからもラジオやイベントでアピールしていきたい」と決意を新たにした。

 生駒がPR大使になるまでは「木を切っては駄目だと思っていた」と話すと、林氏は「木を切り出して使うことで、森の手入れにつながる」と説明し、木製のおもちゃなどを紹介。メンバーは感心した様子で聞き入っていた。

 制度は、産地が証明されたスギやヒノキといった木材を一定以上使った新築住宅や木製家具の購入費の一部をポイントで還元、全国の農林水産品などと交換できる仕組み。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月29日のニュース