伊スカラ座音楽監督、バレンボイム氏が早期退任

[ 2013年10月29日 12:41 ]

 ANSA通信によると、イタリア・ミラノの名門歌劇場スカラ座の音楽監督ダニエル・バレンボイム氏が任期を2年残し2014年末に退任することが28日、分かった。

 理由は不明だが、バレンボイム氏を音楽監督に推薦したスカラ座のリスネル総裁が、14年9月に退任することが原因ともいわれている。バレンボイム氏の後任には、ミラノ出身のリッカルド・シャイー氏の名前が挙がっている。

 イスラエル国籍を持つ世界的指揮者のバレンボイム氏は、11年12月からスカラ座の音楽監督を務めている。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月29日のニュース