優希美青「理想はコナン君」 あまちゃんで小野寺ちゃん役の14歳

[ 2013年10月29日 18:57 ]

ボーズのヘッドホンPRイベントに登場した優希美青

 女優の優希美青が29日、東京都内で開かれたノイズキャンセリングヘッドホン「ボーズ クワイアットコンフォート20」のPRイベントに登場した。

 昨年のホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得した優希は、福島県出身の14歳。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、アイドルグループ「GMT」の最年少メンバー小野寺薫子を演じて話題になった。

 周囲の騒音を軽減するヘッドホンについて「すごさを実感したくて、わざわざ近所の工事現場に持っていって音楽を聴いたら全く騒音が気になりませんでした」とアピール。

 よく聴く音楽を問われると、中島美嘉とスーパーフライの名前を挙げて「ボーズのヘッドホンなら、電車の中でパワフルな歌声を聴いても周りに迷惑を掛けなくていいと思いました」とほほ笑んだ。

 多くの映画やドラマに出演、DVDとカレンダーも発売するなど飛躍の1年となった優希。今年やり残したことを聞かれると「鳥取県に行きたいとずっと思っています」ときっぱり。

 鳥取は漫画「名探偵コナン」の作者青山剛昌さんの出身地で、関連商品を扱う「コナンショップ」があり、「理想のタイプは(主人公の)江戸川コナン君で、いつか共演したいんです。今年中にショップに行ってコナングッズを買いたい」と14歳らしい表情を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年10月29日のニュース