桜塚やっくん 芋洗坂係長涙の対面「悔しく思っているでしょう」

[ 2013年10月8日 06:00 ]

16時45分ごろ、横浜市の桜塚やっくんの実家を弔問に訪れた芋洗坂係長

 交通事故による心臓破裂で5日に亡くなった桜塚やっくん(享年37=本名斎藤恭央)さんの横浜市の実家に7日、お笑い芸人の芋洗坂係長(45)らが弔問に訪れた。

 この日未明に運び込まれた遺体と対面。ハンカチを手に、何度も涙を拭った。ともに日本テレビ「エンタの神様」などで活躍。最後に会ったのは先月で「彼の紹介でステージに上げてもらい、一緒に仕事した」。年末にディナーショーを一緒に行う予定だったといい「残念です」と声を詰まらせた。「“いつ死んでも悔いがないよう生きている”と話していた。ただ後輩の面倒を見られなくなるのを悔しく思っているでしょう」と悼んだ。

 所属バンド「美女♂menZ」公式ページでは最後のスナップを紹介。9月24日のファンイベントでの一枚だという。

 葬儀は近親者のみの密葬で営まれる。バンド側は「あらためてお別れ会を開催できるよう努めて参ります」としている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年10月8日のニュース