古今亭志ん馬さんが胃がんで死去 55歳の若さで…

[ 2013年10月8日 10:47 ]

 落語家の古今亭志ん馬(ここんてい・しんば、本名吉野恵一=よしの・けいいち)さんが7日午後2時、胃がんのため東京都台東区の病院で死去した。55歳。東京都出身。葬儀・告別式は14日午後2時から東京都世田谷区北烏山5の12の1、妙善寺で。喪主は妻恵美(めぐみ)さん。

 81年に六代目古今亭志ん馬に入門。師匠の死去後、古今亭志ん朝門下になり、97年に真打ちに昇進、七代目志ん馬を襲名した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年10月8日のニュース