忽那汐里 長丁場13話完走 「空気まとめた」初共演・眞木に感謝

[ 2013年9月25日 09:08 ]

「町医者ジャンボ!!」がクランクアップ。花束を受け取る眞木大輔と忽那汐里(C)ytv

 日本テレビ「町医者ジャンボ!!」(木曜後11・58)が26日、最終回を迎える。「EXILE」眞木大輔(37)とともにダブル主演を務めた女優の忽那汐里(20)が3カ月半にわたる収録を振り返った。

 港町の診療所を舞台に「ジャンボ」の異名を持つ破天荒な院長(眞木)と新米看護師・飛鳥(忽那)が患者と向き合う医療ヒューマン作。

 通常のゴールデンタイムの連ドラと異なり、1クール13話の長丁場。「なかなかない長さ。しっかり、たっぷり時間をかけて撮影したなという印象はありますね」としみじみ。「13話分あると、飛鳥をどう演じるか、途中でいろいろと迷って悩みました。謙虚に一生懸命という飛鳥を演じるのは、普通のようで難しかったです」と苦労を明かした。

 初共演の眞木については「本当に裏表のない方」と印象を語り「毎回、ゲストの方をお迎えするので、現場の雰囲気も変わりやすいんですけど、そういう空気をいつもまとめてくださる。本当に皆を引っ張っていってくれました」と“座長”に感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年9月25日のニュース