マイク真木 5年前大動脈瘤手術していた 啓発イベントで告白

[ 2013年9月16日 06:00 ]

「心・血管病予防デー」の啓発イベントに出席した(左から)テリー伊藤、マイク真木、重松宏氏

 日本記念日協会が敬老の日の前日を「心・血管病予防デー」に認定し、啓発イベントが15日、都内で行われた。

 歌手のマイク真木(69)とタレントのテリー伊藤(63)がトークショーを行い、マイクが5年前に大動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたことを明かした。別の病気で病院を訪れたとき、左脇腹の血管が詰まっているのが偶然見つかり、「自覚症状がなかったので、医者から“あと1センチ大きくなったら破裂する”と言われて驚いた」と話した。現在は人工血管が入っており、「検査は大事ですよ」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年9月16日のニュース