たかみなに抱きついた!? ザキヤマ、ファンに謝罪

[ 2013年7月8日 15:13 ]

映画「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」の公開アフレコに登場した(左から)五十嵐陽向、高橋みなみ、山崎弘也

 米映画「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」(8月16日公開)の公開アフレコが8日、都内で行われ、AKB48の高橋みなみ(22)、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也(37)、子役の五十嵐陽向(4)が登場した。

 1950年代にベルギーで誕生した漫画を原作に、実写とCGを融合した映画の2作目。小さな青い妖精スマーフたちが、人間世界で大冒険を繰り広げる。

 悪の魔法使いに誘拐される妖精の国のアイドル、スマーフェットを演じる高橋は「自分もアイドルという職業なので、ナチュラルにやれたかな。(AKBの)メンバーみんなで、全席借り切って見に行きたい」と手応えを強調。

 山崎は、魔法使いの手下ハッカス役。スマーフは、ハッピーを運ぶ妖精とされることから「アフレコの翌日に行ったラーメン屋で替え玉が無料だった。スマーフのおかげでしょうね。普通だったらあり得ない」と、大げさにハッピーエピソードを紹介した。

 ハッカスがスマーフェットに抱きつくシーンがあり、山崎が「AKBファンに怒られないかな?」と心配すると、高橋は「ギリギリ大丈夫です」と応じた。

 人間の子どもブルーの声を務める五十嵐は、ドラマ「とんび」で佐藤健(24)の子ども時代をかわいらしく演じて話題の4歳。体の半分ほどもある大きな台本を持って熱演する姿に、高橋が目を細めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年7月8日のニュース