剛力彩芽 福島競馬場でプレゼンター!「福島に元気を」

[ 2013年7月8日 06:00 ]

七夕賞を制したマイネルラクリマの(左から)上原調教師、柴田大騎手はプレゼンターの剛力彩芽と笑顔

 女優の剛力彩芽(20)が福島競馬場を訪れ、七夕賞の表彰式プレゼンターを務めた。会津地方を舞台にしたNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演中。福島県庁を表敬訪問した後、馬車で競馬場まで移動。事前告知はなかったが、沿道には多くの人が詰めかけ、声援を送った。

 競馬場には一般客が利用しない通用門から入ったが、それでも情報を聞きつけたファンが集まり、競馬場周辺はごった返した。

 剛力は「競馬場は初めてですが、好きな馬を近くで見ることができたし、格好良かった。道路を馬車で走ったのも気持ち良かった。ドラマで福島の人と関わる機会が増えているので、元気やパワーを届けられたら」と笑顔で話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2013年7月8日のニュース