みるきー&さや姉 NMBの人気者そろって出馬表明

[ 2013年3月27日 14:39 ]

NMB48の山本彩(左)と渡辺美優紀

 「NMB48」の山本彩(19)と渡辺美優紀(19)が27日、初めて立候補制が導入されることが決まった「第5回AKB48選抜総選挙」への出馬をGoogle+で表明した。

 山本が午前10時すぎの投稿で「総選挙、立候補します。まだまだ頑張りたいしもっともっと頑張らなきゃ(^-^)」と意欲を見せれば、渡辺も正午前の投稿で「もちろん立候補します!? 32thシングル歌いたい(-_^)」と立候補をそれぞれ宣言した。昨年の順位は、山本はNMBでは最高位となる18位、渡辺はそれに続く19位だった。

 昨年5位だった篠田麻里子(27)もすでにツイッターで「立候補制でも、去年でっかいこと言ったんだから出る気満々o(`ω´ )o」と表明している。

 自由参加の「立候補制」を採用することになった「第5回選抜総選挙」。被選挙権を持つのは、AKB、SKE、NMB、HKTの4グループに所属する全メンバーに、海外移籍組の仲川遥香(21)、高城亜樹(21)、鈴木まりや(21)、宮澤佐江(22)の4人を加えた272人。さらに、48グループに4年以上所属した卒業者も出馬OKとなる。立候補受付期間は3月31日~4月7日。開票イベントは6月8日に日産スタジアムで行われる「AKB48スーパーフェスティバル~日産スタジアム、ちっちぇっ!ちっちゃくないし!!~」内で実施される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年3月27日のニュース