櫻井翔の“思いやり”は「相手にあまり干渉し過ぎないこと」

[ 2013年3月27日 07:14 ]

 「嵐」の櫻井翔(31)が、4月1日から全国放送されるアフラック(アメリカンファミリー生命保険)の<生きるためのがん保険 Days(デイズ)>の新CMに出演する。CMは「青いダックCMシリーズ」の第2章で、「旅立ち」編と「思いやり草の花畑」編の2パターン。

 「旅立ち」編は、櫻井が青いダックとともに新たな旅に出発。たどりついた名所「思いやり草の花畑」で真新しい本「青い鳥、みつけた 第二集」を見つけるストーリー。「思いやり草の花畑」編は、本に描かれたある若い男性の人生に思いをはせる物語だ。

 同社のイメージキャラクター3年目を迎えた櫻井。CMに登場する「思いやり草の花」にかけ、普段から心掛けている“思いやり”について「相手に対して、あまり干渉し過ぎないことでしょうか」と答えたという。

 また、春から新たな“旅立ち”を迎える人に対し、櫻井は「環境がガラリと変わったり、大変なこともたくさんあると思いますが、これから経験することすべてが自分の財産になっていくはず。それらを大切にし、ぜひ新生活を過ごしてください」とメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年3月27日のニュース