釈由美子 仕事再開へ!医師からお墨付き「ようやく一安心」

[ 2013年3月27日 13:05 ]

ケガから回復したことをブログで報告した釈由美子。

 今年1月5日のスキーロケ中に転倒し、左くるぶし骨折など全治2カ月のケガを負った女優の釈由美子(34)が順調に回復していることが分かった。27日、自身のブログで、医師に「もう心配ない」とお墨付きをもらったことを報告した。

 「今日は、ちょっと嬉しいお知らせです」と始めた釈は、この日午前に定期健診のため病院へ行ったことを報告。そこでレントゲンを撮り、「もぅ、心配ありませんよ。」と医師から待ちに待った言葉を受けた。

 「仮骨も、しっかり確認できて順調に回復しているし骨のズレなど全く問題ないようです」とし、激しい運動はNGだが「日常生活には、支障がないほど痛みもなくなりました」。「お仕事も、ぼちぼち無理しない程度に始めていいそうです」とうれしそうに明かした。

 「自己判断ではなく、ちゃんとお医者様のお墨付きを頂けたことでようやく、一安心することができました」とつづった釈。これまで「不安や焦りで足よりも、心の方が折れかかっていました」と揺れた心情を吐露し、「のんびり休むことも お仕事だー!と、開き直れてからはとても、気持ちもラクになれました」とほっとした気持ちをしたためた。

 最後は「温かい応援コメントに勇気とチカラを頂き、本当に本当にありがとうございます」とファンへの感謝の言葉も忘れなかった。

 釈は負傷から約2カ月たった今月8日、骨折が思うように回復していないことをブログで明かし、休養を宣言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年3月27日のニュース