下ネタ、極論…タレント時代は“過激”発言連発

[ 2013年3月6日 06:00 ]

日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演する橋下徹大阪市長

橋下徹大阪市長「行列のできる法律相談所」凱旋

 弁護士兼タレント時代に出演していた番組では、橋下徹大阪市長は“過激”発言を連発していた。

 「行列…」では下ネタを連発していたほか、03年10月のTBS「サンデー・ジャポン」で「日本人による買春は中国へのODA(政府開発援助)みたいなもの」と述べて降板。読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」では、学者の研究活動に関して「お金の無駄遣い」と発言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月6日のニュース