ジャッキー・チェン 中国批判「法律の執行はいいかげんすぎる」

[ 2013年3月6日 23:23 ]

 香港の映画スター、ジャッキー・チェンは4日、北京で開催中の中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)で「中国の法律の執行はいいかげんすぎる」と批判した。6日付の香港各紙が伝えた。

 今回の政協で初めて委員となったチェンは4日の文芸界の分科会に出席。喫煙者について「(喫煙を厳しく取り締まる)シンガポールでは吸おうとしないが、中国に来ると注意書きがあっても吸う」と述べ、中国当局による取り締まりの甘さが背景にあると指摘した。

 安全でない食品が出回っている問題も、法律による処罰が不十分なことが原因だと主張した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2013年3月6日のニュース