健さん 6年ぶり映画は刑務官役「この物語に出合い心が動きました」

[ 2011年8月24日 07:23 ]

 自身205作目の映画「あなたへ」が製作されることが決まった俳優高倉健(80)。出演映画は中国映画「単騎、千里を走る。」(06年公開)以来6年ぶりで、邦画は「ホタル」(01年)以来となる。

 高倉は北陸地方にある刑務所の指導技官役を演じる。出演を決めた理由について「この物語に出合い心が動きました。人が人を思いやること、生きることの切なさを思いました」と説明。今作で19本目となる降旗康男監督とのコンビについても「6年ぶりの映画出演となる大きなきっかけです」とし「スクリーンで皆さまにお会いできるのを楽しみにしております」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2011年8月24日のニュース