全レギュラー番組降板…島田紳助が芸能界引退

[ 2011年8月24日 06:00 ]

涙ながらに会見する島田紳助

 タレントの島田紳助(55)が23日、東京都新宿区の吉本興業本部で記者会見を行い、同日付での芸能界引退を発表した。テレビの全レギュラー番組も降板する。暴力団関係者らと携帯電話のメールで一定の親密さをうかがわせるやり取りをしていたことが発覚し、自ら引退を申し出たという。一時代を築いた大物芸人が、最後に汚点を残して姿を消すことになった。

 午後10時から行われた会見には約300人の取材陣が詰めかけた。紳助は黒のスーツ姿にネクタイを締め、冒頭で一礼。「きょう(23日)をもって引退をするので守るべきものはない。全て正直にしゃべろうと思う」と話した。

 会見にはよしもとクリエイティブ・エージェンシーの水谷暢宏社長と原田裕弁護士が同席。同社によると、05年6月ごろから07年6月ごろまで、暴力団関係者と一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやり取りをしていたことが判明したという。

 紳助は10数年前、トラブルを抱え芸能界引退を考えた際、知人に紹介された暴力団関係者がトラブルを解決してくれたと説明。「感謝の思いはあったが、芸能人が暴力団関係者と交際してはいけないとは認識していた。直接会ったのは4、5回程度」と強調。携帯メールのやり取りも頻繁ではなく「僕の中ではセーフだと思っていた。ただ、後輩に示しがつかないので、一番重い処罰を自分に科した」と話した。

 一方で「この程度で引退しないといけない。芸能人は注意してほしい」と悔しさをにじませる場面も。過去に謹慎処分を下される問題を起こした時との違いについては、自身が一方的に悪いか疑問に思う部分もあったが、今回は「完全に僕のミス」とした。

 引退に伴い、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」、フジテレビ「クイズ!ヘキサゴン2」など6本のレギュラー番組も全て降板。紳助は「多くの芸能人の仲間や後輩から引き留めてもらった」と話して涙を浮かべた。今後については「若い人の役に立つことをしたい」と説明。「あすからは一般人になるので静かに暮らさせていただきたい。切腹の介錯(かいしゃく)をしていただいてありがとうございます」とあいさつして会見を締めた。

 ◆島田 紳助(しまだ・しんすけ)1956年(昭31)3月24日、京都府出身。74年、今喜多代に入門。77年、松本竜介さん(故人)と漫才コンビ「紳助・竜介」結成、85年解散。87年、日本テレビ「歌のトップテン」に起用されて以降、司会者として人気を得た。映画「瀬戸内少年野球団」(84年)などに出演、「風、スローダウン」(91年)では監督を務めた。テレビ朝日「M―1グランプリ」(01~10年)など番組の企画にも携わってきた。80年6月に結婚した夫人との間に3女がいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2011年8月24日のニュース