チョイ悪・レーモンド松屋 南かなこコラボ希望

[ 2011年8月24日 06:00 ]

イベントに登場したレーモンド松屋(右)、南かなこ(中央)。左はゲスト出演した風見しんご

 歌手のレーモンド松屋(60)と南かなこ(29)が23日、都内で新曲「雨のミッドナイトステーション」の発売記念イベントを行った。

 2人の競作曲で、異なるアレンジでそれぞれ歌っている。レーモンドは地元愛媛県を中心に活動しており、東京でライブを行うのは初めてで「緊張したけど、楽しかった」と大粒の汗を流しながら熱唱。31歳差の共演に、南は「チョイ悪なおじさまは、いつでもよろしくお願いします」と今後のコラボについても大歓迎だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年8月24日のニュース