竹脇無我さん逝く 21日に力尽きていた…密葬後発表

[ 2011年8月23日 06:00 ]

死去した竹脇無我さん

 ドラマ「だいこんの花」「おやじのヒゲ」シリーズなどで知られる俳優の竹脇無我(たけわき・むが、本名同じ)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため東京都大田区の病院で死去した。67歳。東京都出身。葬儀は22日、東京・代田の東京都民教会で親族らで済ませた。喪主は長女友加(ゆか)さん。21日未明、東京都大田区の自宅で倒れて救急車で搬送され、懸命の治療が施されたが、帰らぬ人となった。

 知的でクールな二枚目が突然逝ってしまった。

 竹脇さんは21日午前3時すぎ、自宅からもうろうとした状態で病院に搬送され、集中治療を受けた。しかし、病状は悪化。97年に離婚した妻との間の長女、次女に手を握られながら静かに息を引き取った。

 訃報の発表はまる1日たった22日午後3時すぎで、午後2時から営まれた密葬が終わった後のことだった。親族、親しい友人だけのお別れは、本人の遺志だったという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース