川本真琴ヒット曲「1/2」は「もっと渋い曲だった?」

[ 2011年8月23日 13:29 ]

「オトナファミ」10月号

 インドア系エンタメ総合誌「オトナファミ」10月号(エンターブレイン、580円)がこのほど発売。店舗数世界一のファストフード店「SUBWAY」を大特集している。

 1992年に日本上陸した当初のものから、現在の新製品まで全メニューを網羅。今でこそ野菜のイメージが強い同店だが、かつては「ステーキ&チーズ」などガッツリ系の商品も存在したことをうかがわせる。また、ドレッシング2種類がけや店舗限定サイドメニューなど注文時の裏技も満載だ。

 活動15周年を迎えたシンガーソングライター・川本真琴(37)のインタビューも必見。デビュー時のどたばたから最新作「フェアリー・チューン」に関するエピソードを語っているほか、最もヒットした「1/2」は「最初はもっとロックで渋い感じの曲だった」など制作秘話も明かしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース