コンサートで告白 ジョージ・マイケル「正直に言う時が来た」

[ 2011年8月23日 13:44 ]

プラハでのコンサートで歌うジョージ・マイケル

 かつてワムのメンバーとして人気を集め、現在はソロとして活動しているジョージ・マイケル(48=英国)が22日、チェコのプラハで行われたコンサートで「正直に言う時が来た。もう2年半も一緒に生活はしていない」と語り、長年にわたって連れ添ってきたケニー・ゴス氏と別れたことを初めて公表した。

 ゲイであることをカミング・アウトしているマイケルは声をふるわせながら「彼は多くの喜びと痛みを与えてくれた」と聴衆に向かってスピーチ。もともと薬物依存症だったゴス氏は両親が他界したあとアルコール依存症にも陥り、それがマイケルとの仲を裂く一因になったようだ。(AP)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース