西郷輝彦「おい、舞台の予定、どうするんだよ”って言いたいけれど」

[ 2011年8月23日 06:38 ]

 俳優の竹脇無我(たけわき・むが、本名同じ)さんが21日午後2時5分、小脳出血のため東京都大田区の病院で死去した。67歳。東京都出身。葬儀は22日、東京・代田の東京都民教会で親族らで済ませた。

 TBS「江戸を斬る」などで共演し、密葬にも参列した俳優の西郷輝彦は「冷たくなった彼の身体を揺り動かして“おい、舞台の予定、どうするんだよ”って言いたいけれど、本当は違うんですよね。無我ちゃんは幾多の困難に向かい、そして打ち勝っていった。僕はそんな無我ちゃんに“本当にお疲れさま”と声をかけてあげたい」と涙を堪えながら話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース