男友達と滞在 タイタニックのあの女優も避難 ヴァージン会長別荘で火事

[ 2011年8月23日 11:15 ]

 英ヴァージン・グループの会長リチャード・ブランソン氏(61)がカリブ海の英領バージン諸島に所有する別荘で22日、火災が発生。約20人の滞在客がおり、米映画「タイタニック」のヒロイン役で知られる英女優ケイト・ウィンスレット(35)もいたが、全員避難して無事だった。英メディアが報じた。

 22日午前4時ごろ出火。同日深夜になっても鎮火せず、別荘をほぼ全焼した。当時、同諸島は熱帯性の嵐に見舞われており、落雷が出火原因とみられる。

 ウィンスレットは長女(10)、長男(7)、男友達と共に滞在しており、ブランソン氏の母親(90)の避難を手伝ったという。

 ウィンスレットは2009年に「愛を読むひと」で米アカデミー賞主演女優賞を受賞。2度結婚したが、現在の夫とも昨年、別居が報じられた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース