貴親方、熱血指導…中山秀征「とやかく言う人は減るでしょう」

[ 2011年8月23日 17:45 ]

相撲教室で小学生に稽古を付ける大相撲の貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)が23日、東京都中野区の貴乃花部屋で、後援会メンバーの子ども約30人を対象に相撲教室を開いた。親方が上半身裸で小学生を熱血指導するなど、約1時間にわたって触れ合った。

 ことしで8度目の開催。角界は相次ぐ不祥事で人気低迷が懸念されており、日本相撲協会理事でもある貴乃花親方は「こうやって裾野を広げていきたい。相撲協会が主催して、いろいろな場所でやってもいいのではないか」と私案を述べた。

 3人の息子が初参加したタレントの中山秀征は「やっぱり稽古場の空気は違う。実際の稽古を見たら(相撲界に)とやかく言う人は減るでしょう」と感心していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年8月23日のニュース