×

オリックス・由伸 故郷岡山で“由伸杯”やりたい「今後もいい結果出れば」 日本のエースが地元に恩返し

[ 2021年12月27日 05:30 ]

備前市市民栄誉章を受賞し、トークショーで笑顔のオリックス・山本(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 オリックス・山本が出身地の岡山県備前市で市民栄誉賞の贈呈式に出席し、将来的な野球塾や自身の名を冠した野球大会の開催に意欲を示した。

 「そういった機会があれば僕もうれしい。今後もいい結果が出れば、考えてみたい」。

 今夏の東京五輪では侍ジャパンの金メダル獲得に貢献。会場に詰めかけた地元の野球少年らから憧れのまなざしを向けられた。「負けず嫌いでよく泣いていた」という少年時代を過ごした故郷を「温かさを感じ、大好き」と公言。贈呈式後は市民対象の凱旋講演会も希望して実現した。

 球団OBのイチロー氏は現役時代に出身地の愛知県で学童野球大会を開き、表彰式に参加。沢村賞など9冠に輝いた日本のエースも地元へ恩返しするため、より一層の活躍を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月27日のニュース