侍・由伸が開幕戦先発 稲葉監督が通達へ ソフトボール開幕戦勝利に坂本刺激「勇気づけられる」

[ 2021年7月22日 05:30 ]

侍ジャパン強化合宿3日目

栗原(右)にアドバイスする稲葉監督(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの面々が女子ソフトボール日本代表の試合から初戦の大事さを再確認した。野球も28日にドミニカ共和国との開幕戦を戦う福島での快勝に坂本は「野球も1戦目に勝てば(金メダルまで)行けるんじゃないかと感じた。僕たちも勇気づけられる。いいスタートを切れるように」と決意。先発を務めた上野については「エースでずっとやっている。凄いこと」と称賛した。

 前日に宇津木妙子元監督を通じてメールでチームを激励したという稲葉監督も「非常にいい形で初戦を迎えた。さすがだと思いました」と初陣での必勝をもくろみ「今日の夜、本人には(開幕戦の先発を)伝えようかなと思う」と明言。開幕戦を山本に託し、2戦目以降に森下、田中将を投入する。(川手 達矢)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月22日のニュース